看護師の給料は高いの?サラリーマンよりも?

看護師の給料

看護師の給料事情!私の手取りは妥当?

看護師の給料は高いのか?!仕事内容を考慮しても妥当なのか?!
他の職業と比較し、客観的に判断していきます。

 

まず、はじめに看護師には二つの資格があります。
准看護士、正看護師の二つの資格です。

 

資格の違いで一番大きい差は、やはり給料の違いです。
勤める場所にもよりますが、平均で月収の差額は10万円前後です。

 

業務内容の違いで見ると、現時点の医療業界ではほとんど差はないと言えます。
大きな差は給料ですが、給料の差に関係するもうひとつの違いがあります。

 

正看護師の方が就職しやすいという点です。

 

この理由は技術の違いではなく、企業側若しくは病院側が正看護師の人数および正看護師1人あたりの担当する患者の数によって、国の看護基準によりもらえるお金の金額が変動するからです。
簡単に言えば、正看護師一人にたいしての患者の割合が少ない、1:1に近いほどたくさんお金がもらえるという仕組みです。
1人の患者に対して手厚い看護体制を維持していると判断できるわけです。

 

従って、准看護士を増やすよりかは正看護師を増やすほうがお金になるわけです。

 

准看護士には業務的な価値がありますが、正看護師には業務よりも存在のものに価値がつくのです。
月収約10万円前後の給料の差はこの理由からきているわで、技術や知識の差ではないのです。

 

だからといって看護師の給料が高いのかというと実はピンからキリまであり、さらに看護師自身の価値観により異なります。

 

サラリーマンと比べれば、准看護士とサラリーマンが同じくらいです。月収20万~30万というところです。

 

正看護師は月収だけ見ると、30万円以上と高額ですが、仕事内容と比較すれば、場合によっては足りないという意見もあります。
結論的には個人の価値観の差ということになってしまいますが、金額だけ見ると今の不況といわれる時代においては安定していて、金額も高いと判断されるわけです。

 

あくまでも給料だけで見れば、悪くないように見えますよね。

看護師の給料関連ページ

転職に失敗する理由
転職の多い看護師ですが、同様に失敗する事例も多くなっている状況です。転職に失敗しないために必要な活動内容やコツを記載しています。転職活動前に一度チェックしてみてください。
求人情報は嘘?!
看護師として就職したり、転職活動を行う際に注意すべき事項を記載しています。大事なことは情報収集をいかにして行うかです。本ページでは失敗しない転職活動の方法を記載しています。チェックしてみてください。
看護師の就職先
看護師の就職先は病院以外にも多数あります。就職先を把握しておくことで今後の視野が広がることにも繋がります。乳児院も含めてですが、病院以外の施設をチェックしておきましょう。
求められるスキル【職種別】
色々な種類の看護業務があります。求められるスキルや必要な能力は異なってきます。そこで職種別に重要なポイントを記載していきます。仕事内容を考慮すれば、自ずと見えてくるかと思います。
病院勤務とクリニック勤務
ハローワークVS求人サイト
看護師が転職する際に利用するハローワークや看護師求人サイトの評判を調べてみました。実際に看護師がどのような使い方を行っているか、確認できるので参考にしてみてください。
男性看護師の給料
男性看護師の給料が女性看護師の給料よりも高い傾向にあります。その理由と男性看護師の平均年収を記載しています。
ダブルワークはNG?
看護師はダブルワークは可能でしょうか?私の実体験を用いてご説明しています。もしも、ダブルワークに興味のある看護師さんは一度覗いてみると良いですよ。新たな道が開けるかも!?